2019年02月21日

かんなぎ座 21年目の演奏会

21sq.png
かんなぎ座、21年目の演奏会になります。
昨年、20周年記念演奏会を行いましたので、今年は少し気が楽なのです。
だから新曲をたくさんやろうと思いました。

新たな出発という事で、心機一転 引き出しに詰め込んでいた物を引っ張り出した感じです。
今回は7曲が(1曲は演奏者の都合で演奏無しに。。)初演という事で、
まずは1回やってみて、そこから色々修正する予定。
やっぱり新品て気持ち良い。 そう思います。

上手くいくかどうかはわかりませんが、新しい曲に挑戦してくれている座員に感謝!

かんなぎ座 自主演奏会
2019年2月24日 日曜日
13時半開場 14時開演
秦野 タウンニュースホールにて
入場無料
posted by いわし at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月28日

渋谷探訪

クールすぎて火傷しそうだぜいわしです。

渋谷名酒場100という本を買った。
shibuya100.jpg
渋谷の大人はここで酔う・・・ とな。
だがしかし、我が社のある桜丘周辺の情報が全然載っていなかった。。

なので、個人的につけているお店レビューというかGoogle Mapを公開するよ。
渋谷西口で良いお店を探している時の参考にしてね。
というか西口はあんまり店無いから道玄坂行け。

*地図上の色が付いたマークを押すと詳細が出るよ。
左上の→から一覧を出しても地図上のマークへはリンクされていないというクソ仕様。


特におすすめは、
・富士屋 本店
伝説の立ち飲み屋、2018年秋で閉店予定。
ここの客で店員に怒られた事が無い人はいないんじゃないか、というほど客あしらいが激しい。
勝手に動くと怒られますヨ。
ただ、揚げ物、刺身、煮物、なんでもおいしいくて、安い。
熱燗1合、なす味噌、湯豆腐、スパサラ、で1000円程度

・とらうま
ここのお店の馬刺しはとてもおいしいのです。
あと、何気に厚揚げは豆腐をその場で揚げているのでカリカリのトロトロで
とてもおいしく、この店の裏ナンバーワンだと思います。
季節の料理もお野菜もひと手間かけた、いいお料理で、
選りすぐりの日本酒と一緒に頂きます。
ただ、常に小型テレビで阪神タイガース戦を流しているので、
アンチ阪神の人は無理かもね。
ちなみに音は消してあり、BGMはいつもビートルズがかかっているよ。

・寿司 紅池
この界隈では私にとって一番特別なお店です。
回らないお寿司屋さんなので滅多にいけませんが、大事なお客様や恋人と是非。
基本的に白身魚と貝類のみという珍しいラインナップなので、
やれ中トロだの大トロだのという人には向いてないかもしれませんが、
オニカサゴやムツなどの白身を炙ったところに絶妙な粒感の塩をひとふり。
店内はBGM無しの無音だけど、澄んだ空気の中でゆったりとしたで特別な時間が味わえますよ。

他にも実は個性的なお店が色々あるのですよ。
随時アップデートする、かも。




posted by いわし at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月28日

限りなく透明に近い俺

足つぼマッサージ中に足攣って半分以上の時間を無駄にしたよいわしです。

世の中にはオーラがある人というのが一定数いるわけで、
そうなると当然オーラが無い人というのも一定数いるわけで、
オーラ無い側にオイラはいるわけで、
親兄弟から掃除のおばちゃん、老若男女、動物に至るまで
「ヒッ びっくりしたー、 急に出てこないでよ!」
といわれのない非難をされる事、枚挙にいとまがござらぬのです。
なんというか、いつもウワノソラ状態で感情もなく、コイツ何考えてるか
わからない状態だから”なかった事”みたいにされてるのかもね。かわいそうに。

先日普通にエレベーターに乗っていただけなのに
後から乗ってきたOLさんが「ヒァッ!」ってなってて
まるで昔エレベーターに挟まれて死んだ人の亡霊にでもなった気分だったよ。

親からも「も少し足音とか気配とか出せないの?」と何度も言われたし、
最も被害(?)に会っているのは、やはり奥様で、部屋で作業中の
奥様を労おうと思って「おつかれさま」と声をかければ「ギャッ」。
台所に手伝いをしに行って「なんかある?」と聞くと「ヒェッ!」
と包丁向けられ、玄関から「ただいまー」と帰るだけでも
「うわっ びっくりしたー」と驚かれる始末。

レストランでも注文通らないし、食い逃げとかたぶん余裕ですよ。アタシ。

昨日なんか、朝通勤中に近所の猫が目の前を横切って歩いてたから
「チッチッ おはよう」
って声掛けたら耳がビクッて後ろになってダッシュで逃げて、遠くから二度見されたよ。
「えー? あれ本当にニンゲンか?」という怪訝そうな顔で。

ちゃんと足あるっつーの。 (よく攣るけど)


でも、まあ 人間や猫ならまだいいよ。 いや、よくないけどまだ良いのですよ。
なんといってもほら、

自動ドアが開かないじゃん?

結構な頻度で。
これはもう生体とし認識されてないよね。

そんなわけで、我が家では後ろから声をかける場合は、
「ジャーン ジャーン ジャーン!」
とドラの音を口で言わなければならない、というルールがあるのです。私だけ。






posted by いわし at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月21日

川崎で撥合わせ vol.2

ヨーソロー いわしです。

2011年に任務を完了した逗子開成の和太鼓キッズ達と久しぶりに太鼓を叩いたよ。

9年ぶりに見る彼らはすっかり大人になっていて結婚していたりもしたけど、
叩く姿は「ああ、これこれ!」と変わらずに打てておりました。
それもそのはず、彼らは卒業してからも太鼓を続けていてくれていたのですから!

いつだったか、「卒業生で太鼓をやるので、いい名前無いでしょうか?」と聞かれ
「開(かい)にしなよ、逗子開成の開だし、卒業生チームという新たな扉を開くんだからさ。」
と言ったら本当にそうしちゃって、その「開」が続いているというのはうれしい限りです。
しかも自主演奏会もやるという朗報まで。

今回の撥合わせの内容は、打樂 干拍子の10個をすべてやりました。
時間の関係で、一部は流す程度だったけど。。。
9拍子の庚(かのえ)から3拍子の乙(きのと)に繋ぐのがとても気持ちいい事が
わかりました。
参照:http://dagaku.com/en/kan/ten/


懐かしい逗子時代のブログ。
http://iwashi.sblo.jp/article/46373128.html?1526883873


posted by いわし at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月26日

川崎で撥合わせ

男子三日会わざれば刮目してみゃう いわしです。

久々に湘南打樂研究所メンバーにして湘南打樂たまゆらの洋平と川崎で太鼓をたたきました。
「あれ、こんなに上手だったっけ?」と驚きましたが、
会社帰りにただ撥を合わせる事ができる仲間がいるのは素敵な事です。

最近はリラックスして太鼓を叩く事ができるようになったな と感じております。
今回は
締め太鼓2個での即興
締め太鼓と長胴での裏ノリ 〜民族音楽風味〜
締め太鼓によるインド ティンタール風の加速リズムと即興
打樂4番 5拍子の[丁(ひのと)]

をやりました。
打樂は二人で好きな数字を言って足した数の1の位のリズムをやりました。
今回は8+6=14なので、4番。
共通言語 的アプローチの「打樂」が一歩前進した良い日でした。

posted by いわし at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月05日

守摩利支尊天大祭

サッコラー いわしです。

今回、鎌倉にある禅居院というお寺様で
鎮守摩利支尊天大祭ミニコンサートに出演させていただきました。

mari.PNG

久しぶりのソロ演奏+かちねこ少し、という内容でしたが、
お寺の本堂での演奏は貴重な体験でした。
内容は、お寺の大きな太鼓を最初と最後に叩かせていただき、他は大拍子とチャッパを
即興中心に演奏という内容でした。
そして新たな試みとしては"さんさ踊り"に久々に取り組みました。
七夕くずしをそのまま やろう。と思っていたのですが、本番になるとうまく足が合わない事もあり
途中から「ええい かまうもんか」とグルグル回ったり、オリジナルなカタチに変貌してしまいました。
お坊様のように平常心で演奏したかったのですが、まだまだそうはいかないようですね。

摩利支天様は猪に乗っておられるので、今回は長らく封印されていた曲をリメイクして
"猪走り(いのばしり)"として演奏したところ、かちねこのあや姉が「猪年生まれだからうれしー」と喜んでくれました。
TaroIwata_Zenkyo1.jpg

TaroIwata_Zenkyo2.jpg
お寺のイベント(?)自体も石屋さんとか植木屋さんとかの関係者総出で作っており、
素晴らしいチームワークでした。

無事に終わって何よりです。
合掌



posted by いわし at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月01日

かんなぎ座 20周年

20周年演奏会無事終了しました。
お越しいただいた皆様、お越しいただけなかったけど応援してくださった皆様。
目には見えないけどきっと見に来て下さっていた皆様。
ありがとうございました。

それぞれが、それぞれの事情を抱えての演奏会でしたが、
素敵な仲間がこんなにも増えた事に感謝です。


せっかくなので、20周年演奏会を振り返ります。
program.png
今回のプログラムに合わせて、五色の揚幕を作ってくれました。
姉さんありがとう。


kng.JPG
かんなぎ
この曲を作った時私の父は手術後の入院中でした。
病院の待合室でコツコツ机をたたきながら太鼓の事を考えていた親不孝者ですが、
20年間演奏し続けてこれたのだから良い曲が出来たと言えるのではないでしょうか?
結成メンバーでこの曲をやるのは10年以上ぶりですね。

tj1.JPG
天神
かんなぎ三人衆による演奏。
思い出すのは彼らが学生の事、ゴールデンウィークをすべて使ってこの曲の練習に
打ち込んでいた事です。あの時のままのお馬鹿な3人が戻ってきてくれてうれしい限りです。

ymg1.JPGymg2.JPG
山神
厚木のライオン、友吾による無伴奏ソロが見せ場。
桶胴とケンガリの個人技も見せどころのコッテリとした一曲。

siv1.JPGsiv2.jpg
Siva
今回はVersion 2として再演。
インド音楽のタブラボールを取り入れ、さらに混沌とした曲へ深化。
ダゲテテテテダーティラキタキテタカティラダーテダーテダー

tbm1.JPG
ツバメ
愛海さんの為の曲。
久しぶりに旦香とのコンビが戻って爽やかな演奏が出来ました。
珍しく全て決まっていてアドリブパートが無い曲。

kjk2.jpg
孔雀
長らく演奏していながらホール演奏での機会が何故かなかった曲。
かんなぎ座らしい曲で、今回は新たに孔雀の羽広げ振り付けを追加して、良い演奏が出来ました。

gmr1.JPG
ガムル
マニア向けのリズム曲。
インドネシアの言葉で叩くを意味する言葉。 ガムランはここから。
梅雨のジメジメした空気の中作曲。
いつか1時間バージョンをやりたい。

krk2.jpg
唐衣(からころも)
枕詞シリーズ第2弾(1個めはうつせみといいますが、誰の記憶にも無い)
女子4人による演奏で、ヒラヒラと布を舞わせながら演奏。
ギリギリまでギリギリで、本番もギリギリだった曲。 ここからスタート!

miz1.jpg
癸(みずのと)
相洋太鼓とのコラボから生まれた曲。
多くの新入座員が初めに演奏し、挫折しそうになりながら頑張る曲になってきている。
かんなぎ座の締めは胴が長めなので、しっかり音を出すのが結構大変です。
この曲は本番でミスると、次の本番では出場停止になります。

hgm1.JPG
刃鎌
女子5人による賑やかな曲。
お得意のABA方式による作曲で、中間部に唄が入る事もあり。
去年は照明係りだった"さや"がやりたかった曲。今年は出演出来てヨカッタネ。

krs1.JPG
カルシラマ
9拍子の曲を皆さんと手拍子で、ちょっと一息。
軽快にくるくる回る、かんなぎ座らしい曲です。

otb1.JPG
オンテンバール
秀樹による作曲。
秀樹曲は私とは違って細かい所の音まで気を配っているので、
振りだけではなく、リズムも聞きごたえあるのです。

btb1.JPGbtb2.JPG
バタバタ
大磯町の国指定重要無形民俗文化財「左義長」の太鼓。
厳密には左義長前のお参りの時に叩かれる太鼓。
三宅太鼓にとても良く似たフレーズとカタチ。

ykd1.JPG
ゆきどけ
久しぶりのえりこ姉さんとの共演
笛の音の艶がいい。 いまだ健在。

kz2.jpgkz1.JPG
風の宮
なんかちょっとわざとらしくて恥ずかしい曲ですが、人気が高いのです。
今回は14人で演奏になり、みんながリラックスして楽しく叩いているので
これもまぁ ありかな。と思いました。
posted by いわし at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月20日

かんなぎ座 20周年記念

迷った道が、私の道です いわしです。

3人から始まったかんなぎ座も来年15人で20周年を迎える事が出来ます。
上がって下がって色々ありましたが、皆様のおかげでここまで来れたようです。
今回は1時間に収まりそうにないので、2部制になります。
是非お越しください。

20th.png

2018年2月18日(日) 14:00 - 16:00
小田急線 東海大学前 タウンニュースホール
入場無料


posted by いわし at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月14日

Origami

世の中には完璧なものが二つある。
折り鶴と、それから猫だ いわです。

仕事柄 お客さんの所へ行くことが良くある。
初めて行くところや遠い所の場合は結構早めに着く事が多く、カフェで時間つぶしなんかも良くやる。

スタバはWifiがあるし雰囲気もオサレで店員さんのキラキラした笑顔で朝を始めるのも結構いいのであるが、実はマクドナルドに行く確率が結構高い。

なぜならマックのトレーの紙が好きだから!

あの紙、240mm x340mmで通常のA4,B5などと違う独自のサイズなのに1:√2で白銀比になっていて折り紙にぴったりなのですよ! 
(ちなみにミスドはちょいズレ。)

ただ、難点はコーヒーだけだとトレーをもらえず、コップだけ渡されるという事。
それじゃあ駄目なんだ、それじゃあ意味が無いんだ!

コミュ障いわしは「トレーも貰えますか?」とサラリと聞く事は出来ないので「コーヒーとハッシュポテト」と、トレー欲しさにハッシュポテイトまで頼む羽目になるのだ。(いつも朝だから。)
所で、ハッシュドポテトじゃなくてハッシュポテトな。
どっちでもいいんだけど、なんとなくハッシュドポテトの方か語呂が良いというか、語感が良いような気がする。
ポテトはフライドポテト何だからハッシュドポテトにすればいいのにね。 どうでもいいけど。


そんなこんなで、色々なマックの紙で折ってます。
house.JPG
「家」
fish.jpg
「鯉」
rabbit.JPG
「ウサギ」
peacock.JPG
「孔雀」

*紙を半分に切って片方はあくまでもトレーを汚さないように という本来の使い方をするのがジェントルメンの証。

dinasor.JPG
おまけ:正方形を作ってからの恐竜




あと、たまにはスタバも。
英語版路線図で折る俺ってオサレ!
atstb.JPG
「花と鯉」


世の中には完璧な物が二つある。
折り鶴と、マックのハッシュポテトだ!

あと猫も! byカルティエ





posted by いわし at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月15日

バタバタ始めました。

冷やし中華始めませんいわしです。

三宅太鼓、あるいは三宅島の太鼓という低い姿勢で叩く現代舞台和太鼓の定番曲があり、
「かんなぎ座」でも何だかんだと良く演奏しますが、周りがとても上手に見えて困る。
というか実際みんなよくあんなに低い姿勢に出来るね。
他に似たような曲を作ろうとしても、三宅モドキみたいになってしまうので困った物だと
思っていたけど、「そうか、三宅やめてバタバタやるか。」となりました。

バタバタとは、地元大磯の数少ない見どころの、
国指定の重要無形民俗文化財 「大磯の左義長」の一環で、各神社で叩かれる太鼓の事です。
フレーズ的にも三宅に若干似ているのは不思議。
地元ではゆるゆるな感じでもはや廃れてしまい、打てる人も少なくなっているので、
数年前から近所の子供を誘って叩いているのです。

行ったことない三宅島の太鼓より、地元で宮役員をしている神社の太鼓の方が良いよね。

こちらが、バタバタ(くずし打ち)
ちょっとは枯れたオヤジ打ちに近づいているだろうか。。。


posted by いわし at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記